ちりちりとした胸焼けにはウォーターサーバーの水!

逆流性食道炎の症状は、以下の通りです。

・ちりちりとした胸焼け
・げっぷ
・むかつき
・お腹の張り
・胃酸の逆流
・胸の痛み
・食欲低下
・喉の違和感
・胃が重い

これらが逆流性食道炎の主な症状ですが、これ以外の症状が現れる場合もあるでしょう。

逆流性食道炎になると、ちりちりとした胸焼けが起こることが多いです。

また、げっぷが多くなったり、お腹に張りを感じるようになりますし、胃酸が逆流するため、口の中がすっぱく感じることもあります。

それに、喉につっかかりを感じたり、喉が圧迫されるような違和感を感じることもあるようです。

どの症状が現れるのかはその人次第で、人によっては症状が少ないこともあります。

逆流性食道炎とは、胃酸が食道に逆流してしまい、食道が炎症を起こしてしまう病気です。

これまでは日本人にはあまり見られない病気でしたが、欧米寄りの食生活をするようになったこともあり、近年増えているといわれています。

そのため、先ほどご紹介した症状が現れた場合は、逆流性食道炎の可能性があるので、早めに病院で検査してもらいましょう。
人気のクリクラ 無料キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です